ピッカピカの一年生♪

卒園してから約6週間、ようやく長い夏休みが終わり今週半ば無事に小学一年生になりました。
また暑さが戻った一日だったので、朝からお天気に恵まれての初登校。
f0210340_2030925.jpg


日本ほど形式ばった入学式ではないものの、学校長の話と在校生の歓迎の歌やダンス。
、、、が行われたらしいのですが、これがもう超満員で椅子に座るどころか立つスペースさえもなく部屋の外に溢れかえってました!末っ子もいるし、もし愚図ったら確実にもうその場からは動けないしとその間私は廊下で待機。。。
f0210340_20113797.jpg


夫婦で参加はもちろん、おじいちゃんおばあちゃんの参加もドイツでは当たり前のようで一家総出で来ている人が多いことにびっくり。
孫の晴れ舞台であるこの日を楽しみにしていたんでしょうね~。
我が家は夫婦で行きましたが、彼だけなんとか後ろに立って見れたようで。
f0210340_2027347.jpg


それから新入生たちはそれぞれの教室に入って一コマだけ授業を受けます。
その間保護者達は校庭で、振舞われたケーキやらクッキーやらでお茶しながら待機。
f0210340_2042594.jpg


小さな学校なんですが、今年の新一年生は例年よりも多く1クラス約30人の3クラス。
f0210340_2045712.jpg


こちらはおチビのクラスC組の教室。それにしてもドイツの学校内って、廊下側の窓ガラスもなく完全にシャットアウトされているので教室の様子も全く伺えず(汗)
日本で慣れ親しんだ風景のようにガラス張りでずらりと教室が並んでいる方が、なんだか学校らしくてそれに威圧感がなくていいのにな~と思います。
f0210340_20562622.jpg


新入生がみんな抱えているドイツの入学式には必須のシュールテューテ。
円すい型の入れ物に文具やらお菓子やらが詰められたもの。ランドセルを背負って、それぞれカラフルなシュールテューテを大事そうに抱えてみんな入学式へ向かいます。
普通に文具店やおもちゃ屋さんで出来合いのものがズラリと並べられているので、それでいいやん~っと思ってた私ですが、それじゃ味気ないし中身は好きな物を選べないからと前日の夜中までせっせととーちゃんは制作に取り掛かっておりましたー。
f0210340_4452376.jpg


ちなみに入学準備用品も完全に私は丸投げ~。
文具の購入から色鉛筆一本一本に名前を書いたり、それぞれの教科で使うファイルも不備ないようにチェックしておりました。
こういうのはほぼ母親の仕事なのかもしれませんが、まぁ初めてのことだし、ドイツの学校のことはやっぱり勝手がわかっている人に任せた方がね...って2番目も3番目もきっとこうなる(^^;)
f0210340_50203.jpg


それにしてもこのシュールテューテ、中身を空けるのは家に帰ってから。
なかなか重いのにクラスの集合写真をとったら持ち歩くのはみんな保護者たち(苦笑)
f0210340_533746.jpg


初日を終えて、家に帰ったらソッコーでオープン!
希望していた欲しかったレゴが入ってなかったので少しガッカリな様子でしたが(^^;)
これ以上絶対レゴは増やさないように(=子供たちに買い与えないように!)いつもいつも私からしつこいくらいしっかり念押してますからー!
f0210340_5294872.jpg


幼稚園は自宅からは少し離れたところに通っていたので、同じ幼稚園からこの小学校に通う子はたった一人だけ。
しかもその子は、おチビと結婚したい~と言っていくれてたらしいSちゃん!
びっくりな事に3分の1の確率で同じクラスになり、しかも席まで隣になりましたー!どんだけ運命~♡笑
そのSちゃんのタイ人のママ(パパはイギリス人)も入学式にいたので、幼稚園のときはハローだけの挨拶くらいだったけど、少し話す機会がありました。
彼女は英語オンリー、逆に私は英語が苦手なので片言の会話ながらもなんとか成り立った...(笑)
Sちゃんは家でもおチビのことが好きなの~と話していて、今回同じクラスになれたことをすごく喜んでいるのよ!とのことでした。
いや~我が子だけど、私ならこんなヘナヘナおちゃらけたふざけ過ぎな男子がクラスにいたら絶対シラーっとした目で見てしまうけどな確実に、、、(汗)

夏休み中に友だちになった一軒挟んだご近所さんの男の子も同じクラスなので、登下校はその子と一緒。
2日間は送り迎えは付き添ったけれど、もう週明けからは子供たちだけで。
日本の小学校で体験入学をしたときもそうだったけれど、通学路の途中まで迎えに行って待っていると嫌がる嫌がる><
もう小学生になったんだからとなんでも自分で行動したいんでしょうね。
学校までは15分程の距離で車の往来も少ない道なので大丈夫とは思いますが。。。

そして、ドイツの小学校終わるのがホントにはや~い!(涙)
4時間目終了は11時45分。12時には家に帰ってきます。お昼ご飯の用意が...幼稚園の頃は楽だったなぁー><
f0210340_62852.jpg

2日目は、上靴のまま帰ってきたことに玄関先で気づいた息子...!!
そして、朝バタバタしてて私も見落としてたけれど、上に着ているのはパジャマのままだということに気が付きました。(寝る時用にしているどらえもんのTシャツ。笑)
いやーもうしっかりして無さ過ぎてこの先の学校生活不安過ぎるーっ(T_T)トホホ・・・泣
まぁとにかく、これから長い学校生活、たくさん学んでたくさん遊んでこーい!



☆★今日も訪問ありがとう★☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
Commented at 2018-08-27 23:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さくら at 2018-08-28 01:02 x
おチビ君の小学校入学おめでとうございます!登下校を自分で!と主張するところ、立派ですね!全くもって自立心のないうちの息子に爪の垢を煎じて飲ませたいです!(笑)私は日本での体験入学の際も教室までの送り迎えを強いられたので、トホホです。きっと、これも親離れの一歩だと思うので、失敗も含めて是非見守ってあげてくださーい!
それにしても11時45分で授業が終わりって・・・ビックリです!こちらは一応3時まであるんですけど、その間におやつ休憩が2回計45分、お昼休みも50分あるので、結局は勉強している時間はあまり変わらないのかもしれませんね。でも、息子はこの休み時間が楽しみみたいで・・・親としては学校で友達と遊んできて欲しいってのがあるんですけどね。ところ変われば全然違う学校習慣、面白いですね!おチビ君の小学校生活が充実したものになりますように!
Commented by komugi1121 at 2018-08-28 05:37
☆そらまめさん
こんにちは。お久しぶりです。
すでに7年もブログを読んでもらってるなんて~。嬉しいやら恥ずかしいやら。。。笑

ドイツを専門に大学で勉強されてるんですね。すごく難しそうですが、若い今だから夢中になって取り組めること、とっても羨ましいです。
私もドイツに嫁ぐことになると知っていればイチから勉強しなおしたい(苦笑)

HWSとは私も息子の時間割表を見て初めてしったのですが【Heimat- Welt- und Sachkunde】の略で、割と新しめの教科のようです。
実際受けることはできないので、道徳に近いのかなーなんて勝手に想像してますが。。。
今度息子にどんなことを教わったか聞いてみておきますね~。
Commented by komugi1121 at 2018-08-28 05:54
☆さくらさん
ありがとうございます~^^
登下校は絶対ついてきたらダメ!とか言うのに、歯磨き一人でできない~シャワーもできない~とか言いだしたり、もう非常にメンドクサイ男子です(汗)
日本の小学校のときも教室まで送り迎え必須だったんですねー!
体験入学だとそういう風に学校で決まっている所もあるようですね。
うちの子の場合は帰りは途中まで迎えに行って待っていたのに、私を見つけるなり無視して猛ダッシュで一人帰った息子にはホントにキーッ!となりました(苦笑)

そうなんですよ~午前中で授業が終わるって早すぎですよね><
4時まで預かってもらえてた幼稚園時代がありがたく思えます。
でもおやつ休憩45分×2っていうのも長くてびっくりです!笑
特に働く親御さんたちにとっては、勉強時間じゃなくてもできるだけ学校に長く居てくれると助かりますね~。
ドイツの4年間の小学校生活はこんな感じで続くので、午後の時間は勉強にあてられればいいのですが、なかなかそう簡単にはいかなそうですー。。。
Commented by そらまめ at 2018-08-28 08:45 x
さっそくのお返事ありがとうございます(*^^*)

ドイツ教育思想、難しく、奥深く、面白くもあります、、ただ頭の中がごちゃごちゃなります(笑)

授業が始まったらおちびくんに、ぜひ教えてもらいたいですー!道徳教育(じゃないかもしれないですが笑)、とっっても気になります…!
(日本でも今年から「道徳」が「教科」として通信簿で「評価」がされるの(段階評価ではなく先生のコメントで)がちょっとした議論を呼んでいるんですよ~)
Commented by komugi1121 at 2018-08-29 21:45
☆そらまめさん
ドイル教育思想、、、モンテッソーリ、シュタイナー色々とドイツ発のものが世界中で広まっていますよね。私はそのへんさっぱりなのですが...^^;
今日は水曜日だったので、初めてのHWSの授業がありました。
帰ってきて息子にさっそくどんな内容だったのか聞くと、「えーっとNaturのこと!」との返事で、どんなことを教わったのか聞いても的を得た答えはなく。。。まったく参考にならずです(汗)
Commented by naojani at 2018-08-30 04:28
おチビくん、入学おめでとうございます!
うちの子もドタバタな入学から早1年。私もわからないことだらけでアタフタしました… 2年目は少し要領がわかった?分、落ち着いてフォローできるといいなー
ドイツは早く始まるんですね!我が家は残り数日の夏休みです。残念なような、待ち遠しいような。
Commented by そらまめ at 2018-08-30 19:18 x
なるほど、、、
むしろ小学1年生がつらつら授業内容答えられる方がびっくりしちゃいますよね笑

聞いてくださりありがとうございますー!
そしておちびくんにもぜひお礼をお伝えくださいませ、、、!

新情報ありましたらぜひアップしてくださると嬉しいです♡
Commented by komugi1121 at 2018-09-01 07:40
☆naojaniさん
ありがとうございます^^
日本の小学校とは違うことも多くて、、親としても初めての小学校生活がどんなものか分からずで戸惑うこともありますよね~。
きっと二番目からはまた違ってくるんでしょうが。
そちらは夏休み残り少しなんですね!朝の子供たちを起こしてドタバタ劇が毎朝繰り広げられるストレスはないですが、やっぱり夏休み大変ですよね~><
Commented by komugi1121 at 2018-09-01 07:42
☆そらまめさん
またドイツ教育にお役に立てそうな話題があればちょっと収集しておきたいと思います~^^
Commented by Bolognamica2 at 2018-09-03 22:10
Komugiさん、ご無沙汰しております!
毎日ご苦労さまです♡

息子さん、小学校入学おめでとうございます!!

入学時期が8月末というのもビックリですが、そちらの小学校、そんなに早く帰ってきてしまうのですねぇー!><;(泣)
ドイツとかフランスとか、イタリアと同じくらい夏休みがあるのかなぁ~と思っていたのですが、3か月ちょいも夏休みがあるのはどうやらイタリアだけ・・・??のようですねぇ、、

朝のバタバタわかります!
我が家も同じく・・毎回同じようなセリフ、、、最終的にいつも私に怒られるハメになってお互いいやな気持になるのに、どうして言われる前にしないかなぁーとかブツブツ言ってます、私。。。。

しかし、苦労して(笑)送り出したかと思えば、12時には帰宅だなんて、、、親は大変ですね!こちらも13時に終わる学校(というか、同じ学校でもクラスによって授業終了時間が異なったりする。週に2回とか3回だけ13時終了とか)もありますが、午後も給食をつけたり、アクティビティを選んだりして夕方まで残れるようサービスを選べるようになってるとこが多いですね、、

中学生になったら13時か14時にはかえってきてしまうようで、今から恐れ慄いてますが、、午後からの時間をどう使うか、有効に使わないと・・って感じですよね。日本語の学習にあてるのいいですね☆
日本語の文章もしっかりかけているし(うちはまだ自分で文を作るの難しそうです)、漢字まで!!(←羨望の眼差し。笑)素晴らしい~

親が迎えに行かなくても自分たちでかえってくるというのもビックリです~こちらは中学生までは親の送迎が義務みたいなので、、同じヨーロッパで近い国なのに、こんなにもシステムが違うのですね~

とにもかくにも、いいお友達に恵まれて楽しい有意義な小学校生活になりますように!!
Commented by komugi1121 at 2018-09-04 17:27
☆micaさん
こんにち拝見~お久しぶりです!
シリチアお里帰りの様子楽しく拝見させていただいておりました^^

ドイツは日本と同じく6週間ほどのの夏休みですが、それでもグッタリ過ぎました(汗)
イタリアの夏休み3カ月以上もあると以前知ったときは衝撃過ぎて...長すぎて勉強していたことスポーンッと頭から抜けてしまいそうですよねー!でもイタリアの親御さんたちはみんな仕事やらもこの期間中は都合をつけて毎年そうやって夏を過ごしているってことですもんね。すごいです。

12時には帰ってきてしまうなんて早すぎですよね~(涙)
4時まで預かってもらえていた幼稚園時代のありがたみをひしひしと感じております。。。
ガッツリ共働きの家庭は夕方くらいまで学童みたいなところで預かって宿題やらもそこでさせてくれるようです。
そして、イタリアもアメリカのように中学校まで親の送り迎えが義務だなんて知りませんでした。
安全面を考えればそれが一番なのかもしれませんが、学校の往復+習い事もある日なんかは送迎送迎でそれだけでグッタリなりそうですね(><;)

小学生になったらもっとシャキンっとしてくれるかとちょっと期待を込めつつ、それどころかさらに朝も帰ってきてからも怒られっぱなしな息子です。いや~6才児って難しいですねぇ。。。
そちらは新学期までもう少しでしょうか。
夏が終わってしまうのは寂しい気もしますが親の方は待ち遠しいですね~!笑
と思ったらドイツは来月また3週間の秋休みが...お互い頑張りましょーう!
by komugi1121 | 2018-08-27 06:26 | 子育て | Comments(12)

九州から遠く離れた北ドイツのリューベックへ! ドイツの日常&子育て奮闘記。


by komugi
プロフィールを見る
画像一覧