カテゴリ:出産( 5 )

出産のキロク

出産からちょうど一週間。忘れないうちに記録しておきたいと思います。
長文ですが、お時間あればお付き合いくださいm(_ _)m

先週の日曜日は天気も良かったので、午後は3人で街を1時間ほど散歩することに。
夕方から少しお腹がキューンとするようなしないような...?
前屈陣痛かな~すぐ収まりそうだな~と思いつつそのままちょっとウトウト。
夕ごはんのパスタを食べている時に15分間隔ぐらいで痛みが少し強まってきました。
ちょっとフォークを置きつつも完食。そしてこの日は散歩途中でケーキを買って来ていたので、絶対食べなければ!と思っていた(笑)
19時頃、トイレにいくとおしるしが!そしてそのあとパシャンと聞こえ見事に破水!ビックリした~。
痛みはまだまだ我慢できる程度でしたが、破水したのでこれは病院に行かなければと、リビングにいた彼にすぐ伝えて、それから友人に電話をかけていました。
おチビをうちで見ていてもらえるか、これが一番心配だったんですが、運良く連絡がついてすぐに駆けつけてくれました!
おチビはテンションアップ!(^^;)
2人に窓から手を振られながら車で10分ほどの病院へ向いました。

8:15頃到着。
受付のおじさんに「Toi!Toi!Toi!(ドイツ語で幸運を祈るときのおまじないの言葉)」を声をかけてもらいながら、分娩室のあるフロアへ。
この時もまだ痛みはそんなに強くなくて、時間かかりそうだな~と思っていました。
入り口のベルを鳴らすと出てきたのはなんと私の担当の助産師さん!
これにはやったー!と思ったのですが、ちょうど今勤務時間を終えて別の人と交代の時間なのよーと・・・(><;)
おチビのときはBeleghebammeといって、陣痛がきたらいつでも電話をして出産に立ち会ってもらえるように産前・産後・出産時と全てのお願いをしていたのですが(ちなみにこの場合の助産師さんは追加料金ありです)、今回はBeleghebammeでなくてもいっかと思っていたので残念ながら彼女に出産に立ち会ってもらうことはできませんでした。

陣痛室で横たわり、CTGで赤ちゃんの心拍と陣痛の具合をしばらく測って。
10分間隔ぐらいで陣痛はきていて痛みもだいぶ強くなってきているけど、まだまだこのぐらいじゃ産まれないなと思ってました。
日にちは9日だったので、出来ればキリのいい10日がいいのにな、でも日付が変わるまでの3時間痛みに耐えるのもイヤダなーとかそんなことを考えてました(^^;)
11/9はベルリンの壁が崩壊した日で、義父はすごく覚えやすいね~と言ってたみたい。

交代の助産師さんがきて、子宮口を測ってもらうと7センチ!
そろそろ分娩室に移動しましょうってことで、着替えて向かいの部屋へ。
「横になる?それとも立っていたほうがいい?」と聞かれ、立つのは辛かったのですぐに分娩台で横になって。
すると急に陣痛が強くなってきた!
「赤ちゃんが押している感じはする?」と何度か聞かれたけど、そんな感覚はまだなくて。
おチビのときは思いっきりドンドンっと子宮口を頭突きされたことを覚えていたので、たぶんあんな感じがくるんだろうと思っていたんですが。
f0210340_0433376.jpg


男性医師が入ってきて、ここで握手。
助産師さんから、息んでみて!と言われ、ここからめちゃくちゃ強い痛みがきました!!
心の中で、えぇ~もうですかー!?と叫ぶ。そして焦るっ><
頭が見えてるわ!あと一踏ん張りしたら終わるわよー!と励まされながら、右にいる彼の手を爪痕がつくぐらい力を込めてつかみ息む!目を見開いて息を止めて、ふぅぅぅーーーーーんっっっ!!とありったけの力で!
もうこれ以上はムリーっ!と思った3回目で「おぎゃー!おぎゃー!」というそりゃもう大きくて元気な産声が!!
21時33分、胸の上に置かれた我が子。分娩台に上がってあっという間に出てきてくれました。
出てくる瞬間もハッキリ見れたし、なんだかもう達成感でいっぱいでした。
ドイツ語でいうなら「Geschaaaaaft!!!!!」の一言につきます(笑)
おチビのときとやっぱり少し似ていて、辛いつわりの時期を一緒に過ごしたお腹にいた子はこんな顔だったんだーと!
f0210340_0545111.jpg


今回もお産の進行が早すぎて、考えていた無痛分娩も、水中出産も結局間に合わず。。。汗
でも結果、切開も裂傷もなく自然分娩でスムーズに産めて良かったです。
カンガルーケアを1時間ほどしてから体重などを測ってもらって。
身長51センチ、体重3030グラム。
f0210340_446685.jpg


それから抱っこしたまま車椅子に乗って入院部屋へ移動しました。
彼はおチビのことがあるので日付が変わる前に帰宅して。
帰るとおチビも友人も爆睡していたみたいです(笑)
今回は家族部屋じゃなくて普通の2人部屋。
最初の夜はやっぱり眠れず、しかも入院中夜は1時間おきぐらいに泣いて、加えて泣き声が大きくて隣の人に申し訳ないなーと><
早く家に帰りたいと思ってました^^;
それにしても後陣痛が痛くて痛くてっ!(泣)
翌日子宮のチェックをしてもらうと、もうここまで小さくなっているわ~!と先生にも驚かれました。どうりで。。。
急激に収縮していったみたいです。
f0210340_4571667.jpg


部屋にはオムツ替え台、着替えやタオル、新生児用の寝袋なんかも全部引き出しに揃っています。
f0210340_501880.jpg


こちらは授乳室。みんなやっぱり部屋であげているのか利用している人は見かけませんでしたが。
f0210340_511848.jpg


そして入院中の食事。もうドイツの病院食事情は分かっていたので、家から野菜や果物なんかを持ってきてもらいました~。
f0210340_6292191.jpg


病院内のカフェテリア。
食事はここでか病室でかが選べます。午後のカフェタイムには患者はケーキ&飲み物が無料です。
ベットごと赤ちゃんを連れてここでホッと一息ついている人も結構見かけたので私もそうしてみました。
f0210340_564133.jpg


出産後の翌朝は、保育所に行く前におチビがやって来ました。
どんな反応するかなぁー?と楽しみにしてたんですが、病室に入ってきて赤ちゃんをみるなりちょっと照れくさそうに、そして嬉しそうに眺めていました(^^)
家に帰った今では、「〇〇くーん!」と頭にチューしたりナデナデしたり、おもちゃを持ってきたり。
保育所から帰ってくるなり、「Wo ist mein Bruder??(ぼくのおとうとはどこー?)」と言ってます(笑)
赤ちゃん返りせず、このまま可愛がってくれると助かるんだけどなー!
f0210340_6172347.jpg


ちょうど予定日が近かったもう一人の保育ママもちょうど前日に出産してて、病室もすぐ斜めだったので会いに行ったり。
通っていたドイツ語のコースの学校も病院から徒歩2分の場所にあるので、赤ちゃん連れて産まれた報告をしにちらっと顔をだしたらみんなビックリしていました。3日前まで普通に来てたしね^^;
その夕方改めて先生がプレゼント持ってお見舞いに来てくれました。
とても通いやすいクラスだったので、また早く復帰したいな~☆
f0210340_5212455.jpg


通常通り3泊で退院し、翌日からは助産師さんが自宅に来てくれて、母体の体調回復の経過や新生児のケアもチェックしてくれます。
ちなみに毎日100gずつ増えていて、十分に母乳も足りているとのこと!良かった^^
生後6日目の昨日はポロッとヘソの緒も取れました。
f0210340_524933.jpg


f0210340_155801.jpg

入院中は全然寝なくて、こりゃ毎日寝不足覚悟だな...と思っていたんですが、家に帰ってからは夜はぐっすりで1度しか授乳しなくていいので助かってます。
しかも私の方がおなか空いてないのかなーオムツ気持ち悪いんじゃないかなーを気になって何度も目を覚ましてしまいます(汗)
夜泣きの時期がまたやって来るんだろうけど、今のところよく寝てよく飲んで成長してます!





☆★今日も訪問ありがとう★☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by komugi1121 | 2014-11-17 06:14 | 出産 | Comments(20)

誕生まで~入院編~

週明けの月曜日、天気予報通りかなり冷え込んだ一日となりました。
気温は日中でもマイナス5度でしたが、晴れ間が広がって積もった雪もキラキラ。
f0210340_3495747.jpg


昨日は友人宅の家にランチに呼んでもらったので、3人でお邪魔しました。
チビは心地が良いのか暖炉の前でウトウト。
f0210340_4335491.jpg


先週一週間休みを取っていた彼も、今日からまたいつも通りに出勤。
あぁ~行きたくないなぁ~とチビにぼそっと言っていたので、オムツ代しっかり稼いできてよっ!と隣で言う嫁(笑)
今日から母と子2人だけで過ごす日が始まりました。
f0210340_432728.jpg


授乳とオムツ替え、一緒にお昼寝をしていたらあっという間にもう夕方!
ビックリするくらい一日が早いかったー!
ミルクもゴクゴク飲んで、オムツの消費も早いこと早いこと。
IKEAで買ったオムツ替え台が我が家では役立ってます。
上についているのは電気暖房器具。同じリューベックに住む方から頂きました。本当に有難い~☆
これがとっても気持良いようで、オムツを替え終わってもそのままここで眠ってしまいます(笑)
そして、さっきまたオムツ替えをしようと脱がせていると、ポロッとヘソの緒が取れましたー!
日本だと箱に入れて保管するけど、ドイツではそんなことする風習もないし、でも処分するのもなんだかなぁ~と思っているところです。
f0210340_4411352.jpg


出産レポートは終わったのですが、入院中のことを少し書いておきたいと思います。
日本の病院に入院したことがなく、ドイツで初めて入院の経験となりました。
なのであまり比較はできないのですが。。。

3泊の入院中は彼も一緒に泊まることにしたので、相部屋じゃなく家族部屋を希望しました。
広さは普通で、窓は大きくて快適だったのですが入院中はずっと雨でした~。
f0210340_4512183.jpg


一番気になっていたのが病院食。
噂では、かなり質素な食事だと聞いていたので期待はしてなかったのですが、、、
実際はこんな感じでした。
朝食は、毎回小型パンにチーズにジャム、ヨーグルト。
f0210340_673662.jpg


夜もほぼ朝と一緒で、種類が少ない残念な食事・・・><
夕食は6時と早いのでお腹がすいてしまいますー。レンジが使えるので持参しておいたおにぎりを温めて食べてました(笑)
f0210340_514013.jpg


お昼が一番ボリュームあって温かい食事でした。
ちなみに毎回食事は部屋まで看護師さんが運んでくれました。
日本の病院では味も種類も素晴らしくて、お祝い御前もあったりで羨ましいな~と!
f0210340_51696.jpg
f0210340_5163766.jpg
f0210340_5165192.jpg

f0210340_5231064.jpg


オムツ替えの部屋があり、夜中もここに連れてきて交換。
f0210340_5385387.jpg


そろそろ入院生活も退屈してきたところで、退院の日になりました。
寒い日だったので、まだブカブカだけど寒くないように完全防備でベビーシートに入れて、
f0210340_5435259.jpg


車の中もグースカで無事自宅に帰りついたのでした~☆
f0210340_5445217.jpg




☆★今日も訪問ありがとう★☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by komugi1121 | 2012-01-31 05:50 | 出産 | Comments(10)

出産のこと~後半編~

昨日は久しぶりに雪が積もりました。今朝もまだ少し残ってるけど午後には溶けてしまいそう。
来週の天気予報ではずっと気温マイナスの日が続くようで、やっとドイツの冬らしい天気になりそうです!

息子が生まれて今日で一週間。
夜は今のところ2、3時間ごとに起きて、お昼はその反対でかなりぐーっすり寝てくれます。
なので、夜に備えて私も一緒にお昼寝タイム~!
大人しくしてるな~と覗いてみると、目を開けてキョロキョロしたり、かと思えば一点をじーっと見つめてたり。
f0210340_4265284.jpg


ミルクを飲んだあとにゲップをさせるとき額にしわを寄せて、まるでおじいさんみたいな表情をするのが面白い(笑)
f0210340_4321761.jpg


退院してからは、担当の助産師さんが毎日自宅まで来てくれて、色々なアドバイスや指導をしてくれています。
これも全て保険が適用されているので、本当にドイツのヘバメ(助産師)事情は有難い!
母と子の体調なども毎回チェックしてくれてます。
生まれたときは2900gだった息子ですが、翌日には2700gになってました。
少し心配しましたが、出産直後は体重が減少するのが新生児は普通のようです!
そして、生後6日目では3100g!いっぱいミルク飲んでるもんね~。良かった良かった☆
助産師さんが毎回持参しているこの面白い体重測定の道具。
大きな布の中に赤ちゃんを入れて持ち上げ、手元についてあるメモリで測るというもの!
これ持ち運び簡単だし便利だな~。ちょっと狭そうだけど、、、(笑)
f0210340_440252.jpg



さて出産レポートの後半編を忘れないうちに書いていきます!
一週間前のことなのに記憶がもうあいまいなので、出産後メモにちゃんと残しておいて良かった(笑)

病院に到着したときにはすでに8cm開いていた子宮口。
でも全開の10cmになるまでは息んではダメ!と事前にネットや本でも読んでいたので、あとどのくらいで開くんだろう・・・と強烈な痛みの中思っていました。
分娩室には立会いの彼と助産婦さん、そして女性の先生もあとから入ってきていました。
本当なら出産には、知人でもあるここで働いている先生に立ち会ってもらうようにしていたのですが、以前からこの日だけは出張でいないから~と彼女から聞いていました。
見事にその日に出てきた息子(笑)
なので別の先生が代理となったわけですー。

そして、分娩台に上って10分も経たないうち、もうすぐ破水しそうよー!と助産婦さんから言われ、その直後の陣痛の波がきたときPress!Press!(息んで!息んで!)と言われる。
えぇーっ!?もうーーーっ!?と痛みで苦しみながらも心の中で叫ぶ私。
そのあと何かが流れる感触があったので、あっ、破水したなと思った。

次の陣痛の波が来るたびにPress!と言われ、うぅーーーっ!あぁーーーーっ!!と叫びながらも息むけどなかなか長く息み続けることができない。
私の左に居る彼の腕に爪がくい込むくらい思いっきりしがみつく。
助産婦さんが呼吸の仕方を見せながら「Luft anhalten!(はいっ!息を止めて!)」と言っている声が聞こえて、叫びたい声を押し殺して2、3度ふぅぅぅーーーーーーんっ!!!と思いっきり全力で力を入れて息んでみた。
すると頭が出てきた感触がすぐに分かり、もう力入れなくていいわ!と言われ、そのあと言われた通りもう一度だけ本当に最後のひと踏ん張りをすると、スルリと全身が出たのが分かった!
ふんぎぁー!ふんぎゃー!!という元気な泣き声。
分娩台に上がってから20分後、1月21日午前2:19誕生。
f0210340_19263777.jpg


胸の上におかれた我が子は、なんだかずっしりと重みがありました。
f0210340_1930758.jpg


カンガルーケアの最中も、ふがふがと泣いてました。
妊娠中もエコー写真は2Dだけで最新の4Dエコーはしてなかったので、お腹にいるときからどんな顔してるんだろうと思ってました。
10ヶ月一緒に居た子はこの子だったんだ~☆というのが最初に思ったこと。
感動して泣くとかは2人して全くありませんでした~(笑)
ただただ無事で良かったー!という気持ちと達成感。
f0210340_19342515.jpg


気づかないうちに胎盤もいつのまにか引っ張られて出てたみたいで、めっちゃくちゃリアルでまさに大きなレバーのような自分の胎盤見てみました><
そして恐れていた会陰切開もせずにすんだので、縫合の処置作業がなくて本当に良かったです。
これがまた陣痛と同じくらい痛いとか聞いていたので。。。
でも、子宮に残ったものを出すために、最後にお腹を思いっきり手でグッと押されたのはかなり堪えましたー!(泣)

それから1時間後に体重測定。
最後の定期健診での推定体重は3000g越えていたけど、実際は2900g。
f0210340_20585782.jpg


頭囲や胸囲も。
f0210340_2122094.jpg


2時間ほど分娩室で3人でそのまま過ごして、病室へ移動。
生後6時間後の様子。体をキレイに拭いてもらい洋服も着せてもらってスッキリ!
f0210340_21185847.jpg


ドイツでは赤ちゃんはさっそく初日からずっとお母さんと同室です。
初めて家族3人で過ごすのこの日は、疲れているのに体の痛みと現実なのかなーというふわふわした気落ちとで、結局一睡もできませんでした~。
f0210340_2121893.jpg




★☆長々と読んで頂いてありがとうございました☆★
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by komugi1121 | 2012-01-28 21:30 | 出産 | Comments(13)

出産のこと~前半編~

昨日3泊の入院生活を終えて、自宅に戻ってきました。
いよいよ3人での生活がスタート!
でもまだまだ身体のあちこちが痛くてしばらくはベットの上で過ごす日々になりそう~><
彼が今週一週間は休暇をとっていて、家事はお任せしてベットに横になってられるので助かってます。
そして覚悟はしていたもののさっそく寝不足。。。
お昼はおとなしくグースカ寝てくれてるんですが、夜になるとウギャーッ!とプチ怪獣化します!
f0210340_3194652.jpg


今のところ彼がオムツ担当、私はカチカチに張った胸の痛みに堪えながらもなんとか授乳頑張ってます。
今日は担当の助産師さんが家に来てくれて、授乳指導やおむつの替え方も教えてくれました。
明日もまた来てくれるので新米パパ&ママにはとっても心強いです^^
ドイツの医療制度素晴らしい~☆


生後5日目にしてすでに息子は生まれたときと顔が少し変わってきている気がして、日々の変化が面白いな~と。
f0210340_314676.jpg


これからどんな風に変わっていくのか、大変ながらもやっぱり楽しみでもあります☆
f0210340_3291916.jpg


さて、まだ記憶が新しいうちに出産のときのことを書いておきたいと思います!

陣痛が始まった日は、朝からいつもと変わらず体調も良くて予定日を過ぎた今日もきっとまだだな~と思っていたので、普通に街まで散歩がてら出かけて大好きなムッツェンを食べて帰宅(笑)
夕方トイレに行くと少し出血していて、おしるし?と思う。今夜何か起こる気がするな~と思いつつ、夜も夕ご飯を済ませて、リビングでゴロゴロ。

21:00頃 なんとなく下腹部にキューッと痛みを感じお腹も張っていると気づく。でも痛みは10秒くらいで治まる。これが15分間隔のペースで続く。
まだまだ全然我慢できる痛みだったので、ネット動画で「アメトーク」を見ながら爆笑する余裕まであった(笑)
お腹の中ではいつものように、まだグニョグニョと元気に動いてました。

0時頃 日付けが変わったあたりから痛みが8分間隔になり、だいぶ痛みも強くなってきた。さっきみたいに下腹部だけじゃなく、もうお腹全体がキューッ押し付けられる痛さで、これは本陣痛と確信!

0:40頃 陣痛が5分間隔に!
痛みがくるとうずくまるくらい痛くなってきたので、彼に担当のヘバメさん(助産師さん)の携帯へ電話をしてもらう。出産する病院への連絡は不要で、来ればいつでも受付ができるということを知っていたので電話はしませんでした。
入院かばんの最終チェックをしていざ病院へ!
車で向かう途中、少しでも車体が揺れるだけでお腹が痛かったのを覚えています。

1時頃 病院に到着。母子手帳と保険カード看護師さんに渡してすぐにCTG(日本でいうNST)を装着。
何週目なのかと聞かれたので、予定日すでに3日過ぎてますとドイツ語で答えるのがやっとでした。
CTGではお腹のチビのいつものように元気な心拍音が聞こえてきました。
そしてこの時すでに陣痛は2分間隔に!
f0210340_303266.jpg


1:30 担当のヘバメさんが到着。
もう何度も会っているので、彼女の顔を見て少しホッとしました。
「ようやく陣痛やってきて良かったわね~!ちょっと子宮口のチェックするからね」と言われ、まだ3cmぐらいだろうと思っていたのに、このときすでに8cmまで開いてました!
それから陣痛がおさまってるうちに分娩室へ移動。
f0210340_2582738.jpg


f0210340_3225791.jpg
事前に自分で準備していた分娩用の着衣に着替えます。(ちなみにドイツでは日本のように病院では用意してないです)
分娩台に上がってからすぐ、これまた急激な痛みが1分間隔ぐらいで襲ってくる。
そしてその直後、子宮口をドンドンっと2回思いっきり頭突きされたような強い痛みがあり、確実にもうそこまで出てきていると確信しました。
もう限界ーっ!PDA(無痛分娩)お願いしたい!というと、陣痛の進行が早すぎて時すでに遅し。。。
無痛分娩の注射が効かないところまできてました。
これにはショック!!絶対PDAでと思っていたのにーっ><
痛みの中、これはもう早く産むしかないと覚悟を決める。。。

長くなったので次回に続きまーす!


☆★今日も訪問ありがとう★☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by komugi1121 | 2012-01-26 04:27 | 出産 | Comments(22)

産まれました☆

ドイツ時間、1月21日午前2:19、2900gの元気な男の子を出産しました!

予定日から3日遅れで、今日もなにもないだろうな~と思っていたら夜にじわじわと陣痛らしきものがきて、ここからが本当に早かったです。
病院に到着してからなんと1時間20分という助産婦さんもビックリの、超スーパー安産で我が子がやって来てくれました☆

母子共に元気で本当に一安心。今隣でスヤスヤ眠る息子の横でほっと一息ついています。
助産婦さんからは一泊だけで退院の許可をもらったのですが、やはり産後は体力が消耗されていてゆっくり体を休めるため、そして何かあったときに安心なので3泊して自宅へ戻る予定です。
彼も同室に泊まって家族3人で初めての1日となりました。

息子はひたすら眠って、時々目を開けてはふにゃふにゃ泣いたり。
何だか昨日まで自分の中に居たのにな~と、ペッタンコになったお腹を見て不思議な気持ちでいます。
まだ色々と出産レポートなど沢山書きたいことはあるのですが、とりあえずご報告まで^^
f0210340_6524015.jpg




☆★今日も訪問ありがとう★☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by komugi1121 | 2012-01-22 07:03 | 出産 | Comments(56)

九州から遠く離れた北ドイツのリューベックへ! ドイツの日常&子育て奮闘記。


by komugi
プロフィールを見る
画像一覧