サーカスを見に

毎年この時期リューベックで公演しているサーカス団RONCALLIが今年もやって来ています。
街のいたるところに看板があったり、宣伝の派手な車が道を通っていたりとよく見かけるのでおチビが行きたーいと。なので2人で日曜の午後出かけてきました。
場所はホルステン門のほんとすぐそば。
f0210340_2231288.jpg


広場にたてられた特設テント。
f0210340_2359596.jpg


休日ともあって行列も長かったです~。
f0210340_228013.jpg


中は売店があったりなんだかレトロな感じ。
f0210340_2295776.jpg


席に着くとその雰囲気にわくわく♪
よく知らないのになんだか60年代70年代のアメリカって感じが勝手にしました(笑)
ゲームなんて今みたいにない時代は、こうやって娯楽の一つとしてサーカスまで足を運んだんだろうな~とか思って。
f0210340_22144264.jpg


よくテレビとかでは見るけど、やっぱりこういうのは生で見るとほんとすごーい!
公演中も写真撮影自由でした~。
f0210340_22261962.jpg

f0210340_2228076.jpg

f0210340_23482433.jpg


熱気ムンムンのなか、上で演奏している人たちも素晴らしかったな~。
f0210340_22292827.jpg


でもー、やっぱり開演30分もすると退屈しだした人が!
2時間半程あるのでどうかなーとは思ってたけどさ。眠たい~でもうるさくて眠れない~とか言い出すしさ(怒)
いやいや、自分が行きたいっていうからお父ちゃんチケット手配してくれたんだよー(T_T)チケット安くないのにさぁ=3
前半を終えて後半は後の席が空いていたのでそっちへ移動して、休憩時間に買ったソーセージを食べながら。
綱渡りや空中ブランコのスゴ技よりも、やっぱり5才児にはピエロとかちょこちょこ合間に出てくるひょうきんな動きをするパフォーマーの方が面白いみたいで、それでなんとか最後までもちました(^^;)
f0210340_22304550.jpg


私が一番魅入ってしまったのはボールを10個も操るジャグリングの男性。(夢中になって撮影は失念...)
アジア人っぽいなーと遠目でみて思ったけど、あとでホームページを見ると日系アメリカ人のしかも17歳の少年でした!いや~神業だったなー。
f0210340_23363523.jpg

f0210340_2337894.jpg

f0210340_23372882.jpg

映画とか舞台のようにドイツ語気にせず見るだけで楽しめるので良かったなー^^
帰りはアイス屋さんに寄って、久しぶりに2才児に振り回されず(笑)2人時間を過ごした日曜日でした。



☆★今日も訪問ありがとう☆★
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by かおり at 2017-08-10 12:36 x
お久しぶりです(^.^)

いつも読んではいたものの、なかなかコメントができずに
(^_^;)
いつも楽しく読ませていただいてましたよ。

サーカス、ヨーロッパでは人気なんでしょうか?
実は先日まで。オランダ・ハンガリーへと旅行で行っていました。ハンガリーでも2つのサーカス看板が多々ありましたよ。

日本ではあまり見かけなくなったので、とても懐かしく行きたいな~と思っていました。
実現はできませんでしたが、言葉を気にせず楽しめるのは良いですね。

子供さんがすっかり大きくなり、子育て、ますますママパワー全快になりますね(^.^)

Commented by komugi1121 at 2017-08-11 05:45
☆かおりさん
ご無沙汰しております!
今年のヨーロッパ旅行はオランダ&ハンガリーだったんですね!毎年夏のご旅行を満喫されて羨ましい限りです~。こちらは過ごしやすい気候ですが、日本に戻られて猛暑と旅の疲れて体調は崩されていませんか?

ヨーロッパでは昔ながらのサーカスが未だに人気のようです。私も園児の頃に一度連れて行ってもらった記憶があるのですが、シルクドソレイユの公演はあるものの、そういう大きなところ以外は今は全然見かけませんよね><

幼稚園が来週から夏休みに入るので、すでに今から恐怖ですー。ただでさえ帰宅してから兄弟喧嘩で私は大声を張り上げているのでさらにパワーを溜めておかなければと...(汗)
by komugi1121 | 2017-08-07 23:52 | お出かけ | Comments(2)

九州から遠く離れた北ドイツのリューベックへ! ドイツの日常&子育て奮闘記。


by komugi
プロフィールを見る
画像一覧