最悪すぎた里帰りフライト

只今、日本です。
カラッと秋晴れかと思いきや到着した昨日も今日も蒸し蒸し。北部九州は土砂災害が起きたり大雨でした。
時差ボケというより、今回の最悪なフライトのせいでまだまだぐったりーな状態なのですがこれも後々ブログのいいネタになったと思う日があるかもしれないので記録に残しておきたいと思います(苦笑)

今回は下の子だけ連れての帰省。子連れだと乗継短いフライトはかなり重要!なので、今回は唯一ヨーロッパ⇔福岡を直行しているフィンエアーを迷わず選択。
ハンブルク発はお昼1時の便だったのですがリューベックの自宅を早めに出発して、時間が余るくらい余裕で到着。特等席で大好きな飛行機をたっぷり眺めるくらいここまでは順調でした。
f0210340_228393.jpg


搭乗も予定通りだったので、座席に着いてあとは離陸を待つのみだったのに待っても待ってもなかなか動き出す様子もなく、仕舞にはエンジンが一旦止まってしまうまで。
「機体のコンピューターシステムトラブルの為、再起動させますので出発が遅れます。しばらく機内でこのままお待ちください」と。
あぁ、、、嫌な予感的中!(涙)
この便が少しでも遅れてしまうということは、この先の乗継フライトに乗れる可能性がか~なり厳しくなってしまうんです。
というのも、ヘルシンキに着いての乗継時間は規定されている最小所要時間の40分!
混雑も考えて、しかも子連れだしこれはなぁ...と思ってはいたんですが、あいにくハンブルクーヘルシンキ間はこの便しか選択がなく、それに前回利用したときのヴァンター空港の印象だとコンパクトだったこともあったしイケそうだなと思っていました。

でもハンブルクからの便は結局30分遅れで出発!
ということは、ただでさえ40分の乗継時間はたったの10分に・・・はいっ完全にアウト―!!(T_T )
何が辛いって、ヘルシンキに着いてから手続きのためにカウンターへ走らされたり、もしくは一泊しないといけないことになることとかそのドタバタ劇が待っているのは明らかなのに、機内でひたすら待機してないといけないこと!
それならむしろここハンブルクで、ドイツで降ろしてくれー!っと本気で思いました。せめて搭乗前にトラブルが分かっていたら。。。

30分遅れで離陸し、ヘルシンキ到着ももちろん予定時刻の30分遅れの16:20着。福岡行きは16:30のフライト。
機内から降りて急いで掲示板を見ると、乗る予定の飛行機は最終搭乗案内の文字!
一か八かでもうありえない位空港を猛ダッシュしました。抱っこ紐に入っていたコロンはあまりにびっくりして泣き出してしまいましたが、ごめんねーと思いながらもとにかく急ぐしかない!
その前に出国審査があった、、、ぐずぐずしている審査官にイライラしながらもセキュリティーチェックはなかったし搭乗ゲートが近づいた時は遠くに見える搭乗客らしき人と係り員がいました!もしかしたら!と思ってぜーぜー言いながらチケットを出すと、
係員「どこからの乗継?」 私「ハンブルクです」
係員「あぁ、ハンブルクからの乗客はもう乗れません」 私「・・・(TдT)彡彡彡(←心の中で大号泣)」

でもその隙に、私の後ろから同じく遅れて来ていた家族はローマからの乗継と告げ、通されていたのを見逃しませんでした!
すぐ横に日本人のフィンランド航空係員の方がいたのでもう泣きすがる勢いで、「どうしてハンブルクからの乗客は乗れないんですか?どうしてもこの福岡行きに乗らないといけないんです!」と言うと
めっちゃめんどくさそうな顔をされ、
係員「お客様遅れて到着されたので飛行機はもうクローズしてて無理です。ハンブルクからの荷物はもう降ろされて違うところへ運ばれてますのでこの機材には乗せれません。○○番口のカウンターに行ってください。ここをまっすぐ行って左へ...」
私「前の飛行機が30分遅れたんです。荷物はもう受け取れなくてもいいです。遅れての到着でもいいですから!」(←大人げなくも粘る)
係員「ですから!ここをまっすぐ行ったらチケットサービスカウンターになりますので」
、、、めっちゃ冷たくあしらわれスーッと行ってしまいました。涙
もう無気力になりしゃがみこむしかなかったですホントに。
だって飛行機はまだ飛んでなくてガラス越しに目の前にいるのにー!前の飛行機があと10分早ければ乗れていたかもしれないのにー!
スーツケース預けていますよね?とも聞かれたので、もし預けた荷物がなければおそらく乗れていたんだと思います。お土産全て放棄してでも乗りたい気持ちでいっぱいでした(>_<)
それに全て航空会社側のミスなんだし、別便に乗せて遅れて翌日でもいいから荷物を届ける手配してくれてもいいのに!(怒)

ここで落ちていてもどうしようもないので、カウンターで手続きするためさっき猛ダッシュした通りを引き返しましたよ。
カウンターの女性がパソコンで調べてくれ「あぁ、それなら今日乗るにはもうすぐ出発する上海行きに乗ってください」
いやいやいや・・・まさか中国行きを案内されるとはー!!今までどんなに格安チケットがあっても中国経由だけは避けてました。
その日はヘルシンキから成田、大阪、名古屋が便があったので、その選択はないんですか、、、?と聞いてみたら、あぁ~今日はどの便も満席ね。福岡便も明日は運行してない日だから明後日になるわ~。と。
あと2分で決めないと荷物も搭載できないから上海行きにするしかないですよ。と言われ、もうはいの返事をする暇もなくチケット発行されてました(汗)
とりあえずドイツの自宅に電話をし、朝一に日本に電話して空港に迎えに来てくれるようになっていた両親に遅れることを電話で伝えてもらうようお願いしました。
搭乗ゲートには上海行きをを待つたくさんの中国人でした。すでになんだか圧倒。
悪夢のヘルシンキ空港からはもうおさらば!フィンランド上空から見る景色、次回はワクワク気分で北欧旅行の時に眺めたいものです~><
f0210340_22132175.jpg




本来なら、福岡行きの座席は最後尾の通路側を指定していて、最悪グズッた場合はトイレ付近でウロウロしておこうと計画していたのに、、、席を選ぶこともできず残念ながら窓側。
コロンは目の前の飛行機に、ブーン!の連発で嬉しそうでしたけど^^;
f0210340_229685.jpg



この便も9割ほど埋まってましたが、私の座った列の3席のうち隣が空いていていたので、コロンが寝た時には横にさせれて助かりました。
そして、通路の席には日本人女性!
おそらく70才くらいのご婦人だったのですが、なんと同じくハンブルクから福岡行きに乗り遅れたのでこの便に乗ることになったらしく、もうなんという偶然!
とても親切にしてくださり、中国語だらけの機内だったのでこれはほんと救われました~。
ハンブルク在住ウン十年、ドイツ人のご主人が亡くなられてからはこうやって年2回は日本に帰っているけど、こんなトラブルは初めてですよーとおっしゃっていて。
中国系航空会社じゃなく、フィンランド航空の上海行きだったのですがほぼ乗客は中国人なわけで、特におばさまたちは子連れだからか話しかけてきて(アイムジャパニーズと言っているのに構わず中国語で^^;)触りまくる、抱っこしようとする・・・い、いきおいがすごい(汗)
前の席のおじさんは構わずリクライニングシートも全開で倒してるし=3

フライトの半分くらい寝ていたコロンですが、着陸態勢に入ろうとする少し前に嘔吐。なんだかボーとしてるなと思ってはいたけど。
急いで着替えさせるも5分後に再び・・・とりあえずまた服を出して、私も上下汚れるしで最後の最後でドタバタ!

何とか無事に上海に着き、ここからがまた大変なのが待っています。
乗り換えだけなのに入国審査を通らなければいけなく、そして預けておいたスーツケースも2つ受け取ってから、これを持ってさらにターミナル移動。広い空港なのでシャトルバスが運行しているらしいのですが、そんなのも知らず。10年前に一度来た上海ですがもう全く覚えていませんでした~

チェックインもカウンターでしないといけないので出発ロビーに行こうとするも、エレベーターが見つからない!
この時カートに乗せていたスーツケース3個とカバン1個(+背中におぶった幼児1名)
仕方がないので、エスカレーターで一旦運んではまた下りに乗って、そしてまた運んで。あぁチェックインカウンターまでが遠い道のり、、、
f0210340_22101471.jpg



中国東方航空のカウンターはこれまた混雑。そしてやっと順番が来たと思ったら、たまたま当たってしまったのかカウンターの係り員もドイツ人並みに無愛想で。
出国審査→手荷物検査がこれまたが長蛇の列過ぎて、もう泣きたくなりましたよ。。。(T_T)
福岡便に乗れていたら、これも全てしなくて済んだことなのにと何度思ったことか!

数年前から日本にも中国人観光客ホントにたくさんですが、上海空港でのこの多さを見てそりゃ納得と思いました。
しかもすごく蒸し暑くて密集した中、機内で嘔吐したコロンがまた体調悪くなるんじゃないかとヒヤヒヤ。
3時間乗継時間があったので余裕があると思っていたのに、この混雑っぷりでゲートに着いたときはすでに搭乗案内になってました。
f0210340_22104596.jpg


機内まではバスでの移動だったので車内で待っていても、飛行機の出発時刻近づくのにまだ動き出さない。
そして、「一度みなさん降りてください。トラブルにより遅れる見込みなのでゲートで待機していてください」との案内。
はぁ~~~またですよまた!怒
結局ここから1時間半待って再び搭乗となりました。
f0210340_23142565.jpg


もし予定通りのフライトに乗れていたら、福岡着は朝8時でした。
上海からの便が遅れたこともあり、空港に迎えに来てくれていた両親にはだいぶ待ってもらっていたし、実家に着いたのはもう夕方。
今回はたった10日の短い滞在なのにその貴重な1日が潰れてしまいましたよ...とほほ。
ロスした時間と長蛇の列に並んだり手続きやらの苦労代としてをフィンエアーに請求したいくらいですホントにもう。
もう何回もドイツ⇔日本を往復しましたが、確実に今回が一番悪夢なフライトでした><
でも幸いだったのは、機内でコロンがお利口さんにしていてくれたこと。1才10ヵ月の全然じっとしてられない子を連れてはもっと機内は悲惨なことを予想してましたが、愚図ることもほぼなくハンブルクーヘルシンキ間も上海ー福岡間もまるまる寝ていたしそれだけでもだいぶ助かったので。
ただ、昨日の夜から熱が出てしまって。明日は良くなってますように。
長文、お付き合いいただきありがとうございました~。





☆★今日も訪問ありがとう★☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by chipi at 2016-09-30 01:33 x
お…お疲れ様…(´ω`;)
フィンエアーの対応も何だかなぁ…。
とりあえずしっかり休んで、日本満喫しておくれー!
Commented by やんらみ at 2016-09-30 12:04 x
大変でしたねー。九州(だけでなく)の美味しいものたくさん食べてください。ごちそうしたいくらいです。
Commented by アンペルフラウ at 2016-09-30 17:44 x
情景が目に浮かぶようで、思わずコメ欄に来てしまいました。

ただでさえ子連れ長旅は大変なのに、本当にお疲れ様でした!

ヘルシンキからの便が日系航空会社だったら、対応はどうだったのかな、など色々考えてしまいました。。。

とにかく、日本で美味しいもの食べてゆっくり休んでくださいね!
Commented by komugi1121 at 2016-09-30 18:25
☆chipiちゃん
もうねホントひどい対応にはガックシー!せっかく福岡まで直行飛んでるのにもうフィンエアーは使いたくないと思ったよ。。。(ToT)
帰りは逆に乗り継ぎ時間長くて空港で時間持て余しそう〜。
Commented by komugi1121 at 2016-09-30 18:33
☆やんらみさん
身にしみる有り難いお言葉ありがとうございます。
大変な思いでようやく到着したぶん、いつも以上にいっぱい日本食食べてまた帰りのフライトに備えたいと思いますー!
おいしものたくさんで日本の秋はやっぱりいいですね〜☆
Commented by chocolatecocoa58 at 2016-09-30 19:40
もう読むだけで吐き気が・・・(汗)
私もブリュッセルからの便が遅れ、ロンドンで一泊ってのを2回やりましたが、ほんと次の便間に合わないならそのままブリュッセルに残してくれ!!と思ったもんです。
一人身だった時ですがかなりグッタリしたので、子連れにスーツケース大量にetc・・・ほんとにほんとにお疲れ様でした。
コロンくんもきっとママの只ならぬ殺気に黙っておこうと決めたんですね(苦笑)
早くコロンくんの体調が本調子になって、二人で秋の日本を堪能出来ますように☆
Commented by komugi1121 at 2016-09-30 22:01
☆アンペルフラウさん
コメントどうもありがとうございます^^
悲惨なフライトでしたが、これが子供2人連れだったらと思うと恐ろしいなーと^^;
きっと日系の航空会社だったらきっと対応は違っていたんだろうなぁと私も思いました。
乗れないにしても、子連れだということも気遣って対応してくださるかもしれませんし。
帰りの道中は何もないことを祈るばかりです〜!!
Commented by komugi1121 at 2016-10-01 01:10
☆Misaさん
乗り継ぎ地で一泊ってただでさえ長期フライトなのにもうその負担と言ったらないですよねー!!(泣)
ヘルシンキで一泊することも最悪考えていたので、オムツが足りないかも...離乳食はどうする!?と一番に頭を駆け巡りました(+_+)
長旅で無理させた疲れから熱が出てしまったのかも...と心配でしたが今日はすっかり良くなって悪さ発揮してますー!
Commented by Kei at 2016-10-02 16:17 x
(たまーにコメントさせていただいております。いつも配信を楽しみにしております。)
本当にお疲れ様でした。Finは近くの上海行きに配慮したつもりなんでしょうが、1国経由でだいぶ違いますよね・・・
(よりによって国慶節間近の中国経由なんて)
お子様連れですし、せめて日本国内行きに配慮してくれたらいいものの・・・・。
過去のお子様2人連れのフライトも読ませていただいてますが、間違いなく今回が一番大変でしたよね。
コロンちゃんも本当にお疲れ様!!Komugi様もゆっくり休まれて久々の日本帰国を堪能されてくださいね。
美味しい日本食チャージ後のパワーアップグログを楽しみにしています!!
Commented by ねこ at 2016-10-02 20:13 x
komugiさん、こんばんは。
ご実家でゆっくりしていますか?
いや~、今回は本当に大変な帰省でしたね。
コロンちゃん、もう大丈夫ですか?
でも彼がおりこうにしてくれたおかげで、大変だったフライトもずいぶん助かりましたよねー!
乗り継ぎ時間が短いのはああいうリスクがあるのでしょうが、そもそもそういうギリギリの時間設定なんだから
もうちょっと対応してくれてもいいのにですねー!
やはり海外の航空会社ってそういうもんなんでしょうかね~。
私も次はフィンエアーを利用してみようかと(このまま就航が続けばですが)思っていましたが、
乗り継ぎ時間次第では考えた方がいいのかな~?
ともあれ、あとは日本滞在を存分に楽しんで下さいな。
もしももしもお時間あったら、またランチでもいたしましょう☆
Commented by komugi1121 at 2016-10-03 16:56
☆Keiさん
コメントありがとうございます^_^
そうなんですよね〜1カ国また経由するだけでホントに体力的にも全然違いますし、ヨーロッパ→アジアの長距離フライトあとのもう一回乗り換えっていうのはかなりのダメージで(泣)
国慶節のことを知らなかったので、テレビでもこの7連休で中国人が空港に殺到しているというニュースを見て、あぁ〜だからあんなに!!と思いました。
今回は運が全くなかった旅でしたが、帰りはトラブルに巻き込まれないことを祈るばかりですー!
Commented by komugi1121 at 2016-10-03 17:08
☆ねこさん
こんにちは〜。福岡連日雨続きで10月とは思えない蒸し暑さですねぇ。
この気温差と旅の疲れが重ねって熱が出たのかもしれませんが、今は息子熱も下がって今度は咳と鼻水が...完全に風邪ですね><;
フィンエアーの40分乗り継ぎ、定刻に離陸してれば結構余裕でゲートまで間に合ったのに、これだからやっぱり1時間未満の乗り継ぎ時間怖いですねー(T_T)
来年5月からまた期間限定で就航するようですし(もうチケット発売になってました!)こんなトラブルがなければ直行はやっぱりありがたいですよね。今回のカウンターでの対応かなり信用度落ちましたが。。。
あっ、そして後ほど改めてメールさせていただきますー!!
Commented by komugi1121 at 2016-10-04 00:03
☆ねこさん
追伸: 先ほど携帯のアドレスへメールをお送りしたのですがエラーで返ってきてしまいました、、、届いてないですよね!?(汗)
今週金曜のお昼休憩のとき、もしかしたらお時間少しありますか?
Commented by ねこ at 2016-10-04 08:34 x
ごめんなさ〜い!
ケータイをかえてメアドやLINEが変わっていたのです。
先ほどkomugさんのケータイにメールさせていただきました。
ご迷惑かけてごめんなさ〜い❗️m(._.)m
Commented by ちびすけ at 2016-10-28 22:45 x
お疲れ様〜(T ^ T)
帰国していたんだねー。そして大変だったね(涙)。

あまりにひどい生活で、誰かのブログを読むことすらしていない日々だったから…。
今読んでびっくりだよ。
こりゃ、本当に泣きたくなるフライトだ。
よく頑張ったね‼️

まだ他の記事を読んでないけど、滞在は楽しめたかな?
九州は地震や大雨で大変そうだけど、1日でも早い回復を願ってます!
Commented by komugi1121 at 2016-10-29 20:19
☆ちびすけさん
そうそう、ちょっとの間だけだったけど日本の秋を楽しめたよ~^^
ホント今までで一番悲惨なフライトだったけど...(泣)
私もさっきブログ読ませてもらったけど、もうかなり体調不良長引いてるんだね><
家族のだれかが病気になると絶対だだだっーっと見事にうつるもんね(T_T)
これから寒くなるし、その前にたくさん免疫つけてお互い元気でいないとね。子供たちがぐったりしてるの可哀そうだしね。。。
今年の日本はホント自然災害が多すぎるね。ドイツにいるとよけいにまた九州でとか、日本の何処かで地震が起こるんじゃないかと心配になるよー><;
by komugi1121 | 2016-09-29 23:21 | 日本里帰り 2016 | Comments(16)

九州から遠く離れた北ドイツのリューベックへ! ドイツの日常&子育て奮闘記。


by komugi
プロフィールを見る
画像一覧