Ich vermisse dich...

今日は1日中雨。少し日が射したかと思うとまたすぐに降りだして。
f0210340_632244.jpg


今朝はいつものようにベッドで携帯からメールチェックすると、実家の愛犬さんたが死んでしまったという母から届いていた悲しい知らせ。
全然そんな素振りもなくって、いつもに比べらた食欲なくて水を飲んだと思ったらそのまま急に倒れてもう息をしてなかったって。あっという間の一瞬の出来事...(涙)

うちに初めてやってきたときはホントに小さくて小さくてヒョロヒョロなチワワだったなー。
f0210340_546638.jpg


それがみるみる大きくなって、すれ違う人には時々なんの犬種か尋ねられるほど...チワワと言ったら驚かれてたな(苦笑)
母が台所に立っていると何か落ちてくるのをずっと狙って待っていたり、私がテーブルで食べていると足元でしつこいくらいの視線がいっつもあったり。寒い日にはストーブの前でずっと丸まっているのが大好き。そして散歩が嫌いなぐうたら犬でした。
f0210340_5453333.jpg


人間が大好きで、すれ違う人にすぐしっぽ振って寄っていったりペロペロしたり、膝の上にもすぐ乗ってくるとても人懐っこい犬。
おチビがしつこくまとわり過ぎて、噛み付かれたことも度々あったけど。
f0210340_5483410.jpg


うちの子になって過ごした9年間は幸せだったかな?
この前里帰りした時、もっといっぱいよしよししておけばよかったなー。もっと膝の上に乗せて上げればよかったなー。あれが最後になると思わなかったから後悔の気持ちがたくさん。
今度帰ってもいないと思うと本当に寂しい。けど天国でもお腹いっぱい食べていっぱい寝てることでしょう。
相方こむぎも急にひとりぼっちになって寂しがってるはず。
さんちゃんもう一度会いたいな。
f0210340_5571118.jpg



☆★今日も訪問ありがとう★☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by lastquarter112 at 2015-07-30 04:28
突然のことにご実家のお母様も悲しんでらっしゃるでしょうし、komugiさんもお辛いことと思います。
実家を離れて暮らすと、帰省した際の熱烈な歓迎はきゅんとなる楽しみだったことでしょう。
さんちゃん、苦しまずに逝けたことが救いですね。
もし選べるなら、叶うならそうあって欲しいと思います。
komugiさん、どうか気を落とさずに…

私も写真を拝見していて、心癒されてました。
天国でも人懐っこく愛嬌があって可愛がられるでしょう。
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by komugi1121 at 2015-07-30 06:29
☆つかささん
お気遣いのお言葉ありがとうございます。毎日お世話をしていた母の寂しさに比べると離れて暮らしている私はまだまだかもしれませんが、里帰りするたびにしっぽを振って喜んで来てくれたので次回もまたそう迎えてくれる気がしてます...涙
でもつかささんがおっしゃるように、長く苦しんだり寝たきりで過ごしたりがなくあっという間だったので、それだけはホントに救いだったなぁと思います。
食べるのがとにかく大好きだった犬だったので、次回帰ったときは大好物だったもの持ってお参りに行こうと思います!
Commented by yukotararan at 2015-07-30 17:04
びっくりしました。komugiさんの帰省ブログとわんちゃんたちはセットな感じがしてたので、パッとkomugiさんのブログをいつものように開いたらさんちゃんが載ってたから、帰省されたのかな?なんて思ってたら。。。まさか、そのようなことに。。。突然のことで、komugiさんもお母さんもご家族も悲しまれてることでしょう。。。遠くで悲しみを感じないといけない状況もお辛いですよね。
なんと言っていいのか言葉が見つかりませんが、komugiさんやご家族のみなさんが少しでも穏やかに過ごせますように。。。
Commented by komugi1121 at 2015-07-31 05:35
☆優子さん
ホント突然のことで、何だかまだいつものように実家の定位置でどで~んと寝てるんだろうなという気がしてます。
里帰りの度に犬達に会えるのが楽しみの1つでもあったので、これから寂しくなるなぁとしんみりしてしまいます。。。
でもペットを飼うとどうしても避けられないことだし、最後苦しまなかっただけでも良かったです。
太郎くんはさんちゃんの分まで長生きしてくれますように!
Commented by さくら at 2015-08-01 00:56 x
komugiさん、突然の悲しいお知らせ、ご心中お察しします。ご実家のお母様のお気持ちも想うと、私も胸が痛いです。私もkomugiさんのブログに時々登場するわんちゃん達がかわいくて癒されていました!犬というのは、家族が帰宅した時は嬉しい気持ちをストレートに表現してくれて、こちらがどんな気持ちだろうと良い意味でお構いなし。悲しいことがあっても、辛いことがあっても、イライラしていても、その瞬間だけは全てを忘れさせてくれる存在だと思います。komugiさんもそんなことお感じになられたことあります?お写真を拝見すると、わんちゃん達のお顔はしっかりと安心していて、目がとってもキラキラしています!komugiさんのお宅で安心して楽しく生活できている様子が見てうかがえますよ。さんたちゃんもきっと幸せだったと思います!これからもkomugiさんご家族をお空から温かく見守ってくれることでしょう!
Commented by komugi1121 at 2015-08-02 06:37
☆さくらさん
お気遣いのお言葉ありがとうございます。今日も変わらずいつものように実家の定位置にどで~んと寝転がっているんだろうなーという気がして、居なくなったという実感がまだまだありません。。。><
でも実家の母は朝晩の日課の散歩がも餌の準備も1匹分になり、きっとぽっかり空いた寂しさはしばらく続くのかなぁと思うと....涙

さくらさんのおっしゃるように、犬は本当に素直に甘えたり寄り添ってりしてくれて落ち込んでいても元気になれるパワーとくれますよね!思い返すと色んな場面にはさんたがいて楽しい思い出いっぱいだったなぁと振り返っていました。ドイツから日本に戻るたびに会えるのが楽しみだったのですごくすごく寂しくていつもいた場所を見ては泣いてしまいそうですが、ありがとうを伝えに今度お参りに行こうと思います。
パンダちゃんは1年でも1日でも元気でさくらさんご家族の側にいてくれるように私も願っています!
by komugi1121 | 2015-07-29 06:04 | 日常生活 in ドイツ | Comments(6)

九州から遠く離れた北ドイツのリューベックへ! ドイツの日常&子育て奮闘記。


by komugi
プロフィールを見る
画像一覧