豆腐作りに挑戦!

今日のリューベックは曇り時々雨模様。
最高気温も6度で、窓の外もいかにも寒そう~な風景です。

さて、昨日もこんな天気だったので家で豆腐作りに挑戦してみました。
ドイツでも、アジアショップやBioのお店で売ってはいるんですが、何せものすごーく固いっ!
壁に投げつけたってそう崩れないんじゃないかな~(笑)

日本帰国時に東急ハンズで見つけたのがこちら。
f0210340_207509.jpg


手作り豆腐キットの中身はこんな風に材料と道具、作り方説明書が一通り入ってます。
f0210340_209688.jpg


まずは、納豆同様に前の夜から大豆(約300グラム・2丁分)を洗って、たっぷりの水に一晩漬けこんで、
f0210340_20104860.jpg


そして翌日膨らんだ大豆をつけ水ごとミキサーで砕いていきます。
3分の1ずつに分けてすばやく丁寧に。我が家は普通のミキサーがないのでハンドミキサーでせっせと。
f0210340_201487.jpg


砕いた液体(これを生呉というそう)を大きな鍋に移して、さらに1600ccの水を入れて沸かします。
焦げ付かないようにかき混ぜながら約10分ほど。
豆乳の甘い匂いがしてきましたよ~♪
f0210340_20181781.jpg


別の鍋の上にざるを置き、その上にこし布を広げて準備しておきます。
f0210340_2022865.jpg


煮えた生呉をこの中に入れて絞っていきます。
f0210340_20224348.jpg


この作業はかなり熱いので要注意!
f0210340_20533493.jpg


布の中にはたーっぷりのおからが残りました。
f0210340_20232676.jpg


次はにがりの準備。
ぬるま湯約50ccに付属のにがりを一袋溶かします。
f0210340_20252766.jpg


豆乳を木べらなどで混ぜながら、75度になるように温め直す。
ここににがりを入れ、2~3回軽くかき回します。
f0210340_202962.jpg

本当ならこの温度調節が一番大事な作業にも関わらず、温度計がないために、ええいっ!もう適当で!という大雑把な性格でやった私です・・・(苦笑)

鍋に蓋をして、10~15分程しばし待つ。
すると、豆腐の部分と薄黄色の液体に分かれました!
まるで見かけは卵スープみたい。
f0210340_20333987.jpg


それから、この固まった豆腐を木枠に入れていきます。
f0210340_20353171.jpg


木蓋をして、カップを乗せて軽く水切りを。
あまり重くしすぎると固い豆腐になるので、柔らか目が良い場合は木蓋だけでもOK☆
f0210340_2037246.jpg


15~20分放置して、豆腐が固まったら水中に移して30分程にがりのあく抜きをして完成!
切ってみるとこんな感じに出来上がりました~。
f0210340_2040153.jpg

さっそくしょうゆをつけて食べてみると・・・
うん、普通に美味しい!こっちで売っているよりも断然柔らかい木綿豆腐になりました。
まぁ、日本で食べるような美味しいコクのあるとまではいかないけれど。温度調節がちゃんと出来ていればもっと良かったのかな~と。
納豆同様、豆腐作りもまだまだ改良が必要です。

作ってみた感想は、作り方は単純だけど大きな鍋や結構道具を使うので、洗い物が大変~(汗)
何十円で豆腐が買える日本は素晴らしい!
体力使うわりには、出来るのはほんのちょっとの豆腐、、、><
おからだけはたーっぷり残ったので、これからどう消費しようかと考え中。。。


☆★今日も訪問ありがとう★☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by komugi1121 | 2011-11-10 20:54 | 食べもの | Comments(0)

九州から遠く離れた北ドイツのリューベックへ! ドイツの日常&子育て奮闘記。


by komugi
プロフィールを見る
画像一覧